最新情報

2019年の第一弾乗込み物件:新地町交流センター新築工事

1月8日より、2019年第一弾の乗り込み物件として、

福島県北東端に位置する新地町が整備を行う

新地町交流センターの現場施工を行って参りました。

 

 

構造は鉄筋コンクリート造一部鉄骨造と木造の混構造、

延床面積1,827㎡の2階建てで

町民の文化交流活動の新たな拠点として

音楽や演劇、文化活動の発表等ができる多目的ホール等を備えております。

 

 

現場では、鉄骨柱への集成材梁の取付、梁上部鉄骨の取付、

ブロック材・カバー材の取付、埋め木、クリーニング作業等を行い、

今週予定通り当社の対応を完了致しました。

 

 

予定通りに工事が完了し、

新地駅周辺の交流とにぎわいを創出する施設となることを期待したいと存じます。

 

高輪ゲートウェイ駅:1/8(火)福島民報新聞に記事を掲載いただきました。

新年明けましておめでとうございます。

昨日より、2019年の営業を開始しております。

本年も変わらぬご愛顧を何卒宜しくお願い申し上げます。

 

新年早速ではありますが、昨年当社が対応させていただいた

JR山手線の新駅「高輪ゲートウェイ駅」について、

1月8日(火)の福島民報新聞(社会面)に記事を取り上げていただきました。

 

1月8日(火)福島民報新聞 社会面

 

福島県内の古殿産スギを用いて、

当社内で集成材製造、鉄骨との組込作業を行い現場に納品致しました。

 

復興に向けて力強く歩む福島県の姿を伝えるとともに、

福島県産材の価値をより一層高めることに繋がれば幸甚に存じます。

 

本年も非住宅分野の木造化の拡大に向け、

特建物件を責任施工として対応を進めて参りますので、

構造設計、集成材製造、木質材料の加工、施工など

あらゆる場面でご相談いただければと存じます。

 

改めまして本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

2018年当社の取り組み:本日が2018年最終営業日となります。

当社の2018年の営業は、本日12月28日(金)を最終営業日とし、

来年は1月7日(月)より営業を開始致します。

 

本年は大規模木造、高層木造の機運の高まりから、

当社としても新たな取り組みが多い一年となりました。

 

・複数の耐火集成材、耐火建築物の製造・加工・施工

・最大断面400×3,000mmまで加工可能な新たなCNC加工機の導入

・初の海外物件(パラオ)への納材、現場施工

・GIR研究会発足、耐火、CLTに関する開発事業への取り組み

・全国植樹祭ふくしま お野立ての施工、ベンチや掲揚ポールの設置 等々

 

 

これもひとえに日頃よりお世話になっております

取引会社、関係会社の皆様のお蔭と存じます。

誠に有難うございました。この場を借りて厚く御礼申し上げます。

 

来年も集成材メーカーとして、

大断面・耐火集成材の製造技術の合理化、

多様なエンジニアウッドの加工技術の発展、

耐火建築物含めた大規模木造の施工技術、機動力の向上を行いながら、

「先進技術による木造建築の新しいカタチを実現」

に向け邁進して参りたいと存じます。

 

来年度も変わらぬご愛顧を何卒宜しくお願い申し上げます。

 

小高区復興拠点施設の施工レポートを掲載します。

本年7~10月に当社が現場対応しておりました小高区復興拠点施設ですが、

先月その名称が「小高交流センター」に決定致しました。

 

来年一月予定のオープンを控え、

現場を担当した当社工事の渡部より、施工レポートをお送り致します。


○自己紹介

本物件を担当致しました、技術部工事課、中途入社3年目の渡部 亮です。

 

※本物件の製品検査時の写真です。

 

 

○物件の特徴

今回当社では、既存の建物を含む全6棟のうち、

北1棟、北2棟、北3棟、南1棟、南2棟の計5棟の

軸組・屋根フレーム工事に携わりました。

 

 

南2棟は、米松集成材を使用した金物工法による建物です。

 

 

北1棟は、杉の上弦材・下弦材・束柱と、

鋼製ブレースで構成された、トラス構造の建物です。

上弦材・下弦材は合わせ梁で、間に接合金物を挟み込み、

地上で地組を行ってから1フレームずつ取付けていきました。

フレームの全長は約13mで、全29フレームあります。

 

 

今回メインとなったのが、北2棟、北3棟、南1棟の屋根フレームです。

斗栱(ときょう)と言われる組み方を行い、

全5段で形成された屋根フレームを1段ずつ取付けていきました。

 

 

○大変だったところ、苦労したところ

斗栱梁が、材料1本ずつ、等間隔に1段ずつ組み上げていかなければいけない為、

材料のピース数も多く、部材や段数毎に留め付ける構造用ビスの長さや

種類、本数が違っているので、間違えずに取付けていくのに苦労しました。

 

 

○現場周辺の様子

北側には小高区役所や消防署、南側には駅前通りがあり、多くの店舗があります。

周辺でも「小高ストア」や新しい建物が出来ており、

復興・地域活性で賑いを見せはじめている様に感じました。

今回携わりました復興施設も、お子様が遊べる広場や、カフェ・店舗などもありますので、

相馬野馬追などで小高にお立ち寄りの際は、足を運んでみてください。

 

※施工中の遊び場、カフェ・店舗などを掲載します。

 

耐火集成材を用いた東京都内の神社施設が竣工です。

耐火集成材の製造・加工、一部の現場作業にて当社も関わらせていただいた

東京都内の神田明神文化交流館「EDOCCO」が竣工となり、本日オープンを迎えます。

12月13日(木)の木材新聞1面にも掲載いただきました。

 

12月13日(木)日刊木材新聞1面

 

鉄骨との混構造による耐火建築物であり、

2~3階の境内に面した部分に構造材として用いられている

耐火集成材を外からも目にすることができます。

 

年末・年始と様々なイベントが催されているようですので、

お近くに足を運んだ際や初詣などぜひ足を運んでいただければと存じます。

 

 

 

 

CLTへのGIR接合工法開発の取り組みをご紹介いただきました。

当社ホームページ内でも今年10月にご紹介させていただきましたが、

CLTへのGIR接合工法開発の取り組みについて、

日刊木材新聞に取り上げていただきました。

 

12月11日(火)日刊木材新聞1面

 

SMB建材様との共同開発にて本年8月に性能評価取得済みのため

個別評定無しで物件への折り込みが可能となっております。

 

・高剛性高耐力

・内部隠蔽型の接合で意匠的に優れている

・気密性を保つことができ、熱橋がなく結露の恐れがない

 

などの特長を持ち、

これまで以上に木材、集成材、CLTの利用の幅を

広げることができるものと存じます。

 

詳細を確認したい、活用を検討したい方は何なりとお問い合わせくださいませ。

 

社員への贈呈品として集成材を用いた「木の時計」を製作しました。

当社では社員の祝い事の際などに、造作工場内の木工機械を用いて

建具経験豊富な大工が木製品の製作を行っております。

先日も当社社員への結婚祝いの品として、

集成材を用いた「木の時計」の製作を行いました。

 

集成材の柾目面を表面に現し、

12時、3時、6時、9時を示す箇所には

該当社員が担当した施工物件で用いた

「樫」の木をアクセントに埋め込みました。

 

 

当社では、創業当初は造作集成材を事業の柱としていたこともあり、

構造材以外にもこういった遊び心ある造作材・家具などについても

納期、デザイン、価格含め受注生産にて製作を行っております。

 

近年でも役員オフィスに用いるテーブル、

市役所などの公共施設に設置されたテーブルやベンチ

民間の幼児施設などにも造作家具材を納めております。

 

 

引き続き様々な形で「木」の良さ、「集成材」の良さを

伝えていければと存じます。

 

第4回ふくしま産業賞:藤寿産業が「金賞」を受賞いたしました。 ※追記有

福島民報社が主催する第4回ふくしま産業賞にて、

藤寿産業が「金賞」に選出いただきました。

 

12月5日(水)福島民報1面

12月5日(水)福島民報4面

12月12日(水)福島民報3面 (※追記)

 

ふくしま産業賞は、福島県内の優れたものづくりや先進的な企業経営をたたえ、

復興を後押しするものとして毎年開催されているものです。

 

この度は福島県中小企業団体中央会様からのご推薦をいただき、

県産木材への振興、大規模木造建築への技術高度化・先端技術開発

に関する当社の施工事例や近年の取り組みをご紹介させていただきました。

 

事業の独自性、技術力の高さ、将来性や復興への貢献等の観点から

審査がなされたとのことでしたが、これらに繋がる取り組みとして

当社の事業がご評価いただいたとのこと大変光栄に感じております。

これもひとえに日頃からご愛顧いただいております

取引企業様、関係団体の皆様のお蔭と存じます。

この場を借りて厚く御礼申し上げます。

 

今後も福島県に根ざしたモノづくり企業として、

積極的に先進的な取り組みを継続して参ります。

 

「高輪ゲートウェイ」:当社が対応した新たなJR山手線の駅名が決定致しました。

当社が昨年~今年にかけて対応をさせていただきました

JR山手線内に新たに設置される駅の名前が「高輪ゲートウェイ」に決定しました。

 

これまでは、「品川新駅」としてご案内させていただいておりましたが、

今後は「高輪ゲートウェイ駅」となり、

山手線の駅名のうち、初めてカタカナが含まれることになります。

 

当社でも先月、一部の木・鋼ハイブリット部材の仕上げ作業にて建設現場に伺ってまいりました。

 

 

膜や木といった日本的な素材を活用して障子をイメージした

開放的な大屋根の工事はほとんど完了しており近隣から目にすることができますが、

内部の工事は2020年の暫定開業に向けて、引き続き行われています。

 

「品川開発プロジェクト」の名の下、駅周辺含めた大規模な再開発が計画されており、

今後の工事の進展が非常に楽しみなエリアです。

 

民間企業のオフィス建替工事における製造・加工が進んでおります。vol.4

半年間以上に渡り、対応を進めて参りました

民間企業のオフィス建替工事における最終工区分の出荷が完了しました。

 

大断面集成材、LVL、CLTの合計使用材積が千数百㎥のボリュームでありましたが、

ここ数年で新たに設置した超大断面プレス、CNC加工機2台(Ultra、Extra)が

朝から夜までフル稼働し、無事材料の製造・加工が完了しました。

 

 

取り扱いボリュームの大きさ、加工の難易度の高さゆえ

CNC加工機の能力を最大限に生かし生産効率を上げる取り組みや

大工の手加工や特殊加工機による多彩な加工形状への対応など

当社としても課題を一つ一つクリアしながらの対応となりましたが、

工場全体の底上げに繋がる物件になりました。

 

機械設置直後の絶妙なタイミングでこういった物件に関わらせていただき

大変有難い機会となりました。

蓄積させていただいたノウハウ・経験を生かし、

今後の増えていく大規模木造建築の拡大に

引き続き貢献していくことができればと存じます。